前へ
次へ

枚数があるのなら仕分けておくこと

切手買取の価格は、各店、業者により違いがありますが、HPにて買取比率を掲載してある業者での買取の方が安心です。大半は、大量に切手をコレクションしていて、買取業者を活用しますが、できる限りは仕分けておきましょう。切手の額面・シート枚数で仕分け、宅配ならば詳細を記入した用紙を添付するのが望ましいでしょう。例えば、1000円切手シート20枚、40円記念切手シート20枚などです。バラ切手ならば、1円、60円などの額面ごとに仕分け、チャック袋にまとめ、額面と枚数を記入したメモを貼りましょう。明らかにプレミアム切手であるのなら、折れ目が付かないように厚紙で挟むことがオススメ、中にはフィルム保護されているプレミアム切手がありますが、その状態で買取業者へ提出しましょう。ステーショナリーボストーク数冊セット、こうした切手コレクターの逸品も買取してくれます。切手のみならず、葉書や封筒などがファイリングされたセットの場合、一式での査定になります。全体的評価となり、100枚以上という大量セットですが、葉書や封筒には殆ど価値は付かないことが多いようでした。

Page Top